検査キットで梅毒の判定をする

検査キットならセルフで梅毒検査ができる 検査キットはセルフで感染症などの判定ができます。体調がおかしいけど、病院へ行くのはちょっと恥ずかしいという人は、まずはセルフで検査をするとよいでしょう。ネット通販で購入でき、家族に知られないように郵送してもらえます。また、匿名での購入も可能です。簡単に性病の可能性があるか・ないかだけを検査するタイプから、梅毒に特化して検査ができるタイプがあります。たとえば、梅毒に感染しているパートナーと性交渉をした場合には、梅毒に特化したキットで検査をするとよいでしょう。また、何らかの性病かもしれないという場合には、複数のキットで検査をすると感染症の種類が特定できます。陰性と判定されればひと安心ですが、陽性になったら詳細な検査を受けることが大切です。 検査キットの使用方法 自宅で梅毒の検査ができるキットはいろいろあります。キットが手元に届いたら、説明書に従って採血もしくは採尿をします。クイック検査キットではないので、判定は販売下で専門的な検査をした後、判明します。採血の場合、ランセットで指の腹にハリを指して血液を出します。確実な検査のために、1回使い切りになっているので、失敗のないように慎重に行うことが大切です。血液が出てきたらろ紙に写し取り、密閉袋に入れて、必要書類とともに変そうします。検査にかかる日数はメーカーによりますが、ポストに投函してから3日程度です。検査結果は、郵送、メール、WEBサイト、電話などで確認できます。 検査キット使用時の注意点 梅毒の検査キットは使用に制限があります。梅毒は発症までの潜伏期間が約3週間です。性交渉直後に検査をしても正確結果は導き出せません。交渉日から1ヶ月以上経過してから検査をすることが必要です。もうひとつ、過去に梅毒の治療を受けて完治した経験がある人は、正しい検査ができません。完治していたとしても、養成反応が出る可能性があります。感染経験がある人は、治療を受けた医療機関で再検査を受けたほうが安心です。 管理人のお世話になってるサイト>>>>>血行 サプリ