疲れ目を回復させる冷パックと温パック

目の疲れを改善する方法の1つに、目の周辺を温めたり、冷やしたりするのが効果的ということを知っている方は多いと思います。 ではその方法を知っていますか? ここでは、その方法である冷パックと温パックをするという方法を紹介しますので、この記事を見て、もし今度目が疲れてきた時には実践して、少しでも目の疲れを改善させましょう。 血行が良くないと起こり得るのが目のショボショボ感で、このショボショボ感によって起こる眼精疲労 サプリには温パックが有効だとされています。 本を長い時間読んでいたり、パソコンやテレビを長い時間見ていたりすると目の周りの血行が悪くなり、目にショボショボ感の症状が出ます。 このようなことから起こる疲れ目の場合には、少し熱い程度のお湯に浸けて絞ったタオルを使って、これを目に上からかぶせるようにします。 このようにすることで、目の周りの血管が広がり、血液の流れが良くなると言われています。 また、目が炎症している状態である充血の目には冷パックが効果的とされています。 このようなことから起こる疲れ目の場合には、冷たい氷水にタオルを浸して絞って、そのタオルを目に上からかぶせます。 氷が使えないという場合には、タオルを水に浸しておき、それを冷蔵庫に入れて保存するという方法を取りましょう。 また、場合によっては、ショボショボ感と充血の症状が一緒に出ている方もいらっしゃると思います。 そのような方の場合は、温パックと冷パックを交互に行ってください。 温かいタオルと冷たいタオルを交互に目に当てることによって、心地良い気分になり、気持ちよく疲れ目を解消することができることでしょう。